後遺障害の認定

Pocket

弁護士交通事故が原因で後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害認定を受け、適切な金額を支払ってもらう必要があります。しかし、この後遺障害認定という物は、大金が動いてきますのでどうしても認定してもらう事が難しくなっております。やはり申請にも弁護士の力を借りるのが一番確実な方法になります。

後遺障害認定手続きには、書類の作成からすべての申請までを加害者側の保険会社に依頼する事前申請と、相手の保険会社に頼らずに自分で行う被害者認定の二種類があります。事前申請は、全て相手の任意保険の担当者に丸投げする事ができますので、自分で何も行いません。その為、非常に簡単なのですが、相手の担当者に意見書などを添付されるなど認定を邪魔するような動きがありますのでおすすめできません。

被害者認定の場合には、相手の担当者の意図とは関係ない部分で申請する事ができますが、書類の準備であったり、書類の作成がとっても大変であったり、専門的な知識が必要になる部分がありますのであまりお勧めする事ができません。その為、最も確実に後遺障害の認定を受けるためには、専門的な知識が豊富な弁護士に依頼するのが一番になります。もちろんお金はかかりますが、トータルではしっかりと黒字になります。