賠償金と示談金

Pocket

車椅子交通事故の被害者になった場合には、色々なパターンがあります。捻挫や打ち身程度の怪我の場合には、元々支払われる可能性のある慰謝料の金額が少ないという事もあり、弁護士に依頼する意味というのが少なくなっております。加害者が加入している任意保険の担当者も、支払う総額が少ないので減らす部分があまりありませんので、示談交渉も非常にスムーズに進む傾向があります。交通事故の被害者になった場合、怪我の状態が軽度だった場合には、弁護士を入れなくても済む傾向にあります

しかし、交通事故によって後遺症が残ってしまい、今後の生活に支障が出るような場合であったり、交通事故の後遺症によって、それまで働いていた会社を退職しなければいけないような場合には、絶対に弁護士を入れて、しっかりと損害賠償請求をする必要があります。後遺症が残った場合には、賠償金や示談金はかなり高くなりますので、最終的には裁判まで発展する可能性もあります

大多数の任意保険会社の示談交渉の担当者は、会社の不利益に繋がる賠償金や示談金を少しでも安くしようと相場よりもかなりリーズナブルな金額を提示してきますので、しっかりとした専門的な知識を持っている弁護士に依頼し、相場以上の金額を貰えるようにするのはとても重要になるのです。