交通事故の時は弁護士

Pocket

治療
引用 – 治療関係費について|弁護士法人アディーレ

交通事故の被害者になってしまった場合には、加入している任意保険に示談交渉特約を付けていないような場合には、相手が加入している任意保険の担当者と被害者の方とで示談交渉を行う事になります。

示談交渉の論点は、被害者の方が受けた苦痛をお金によって解決する為に行われるのですが、申請には色々な項目があり、怪我の治療で病院に支払った治療費や入院費、病院までの電車やバスなどの交通費、怪我が原因で会社を休んでしまった際に休んだ分のお給料を支払ってもらう休業損害、病院の付き添い看護費、事故を受けた事によって受けた精神的なストレスに対する慰謝料など様々です。

また示談交渉によっては、交通事故の原因がどちらがどれだけ悪いといった過失割合が争点になるような場合もあります。この過失割合はとても重要で、例えば、被害者の方から支払われる総額が100万円だった場合、過失割合が10対0でしたらそのまま100万円を貰う事ができるのですが、7対3だった場合には、全体の70パーセントにあたる70万円しか受け取る事ができません。この過失割合の示談交渉は非常に専門的な知識が必要になりますので、専門的な知識のある弁護士の方の助けが必要になってきます。他にも色々な部分で弁護士の方の力が必要になる機会が増えてきます。しかし、いきなり弁護士と言われてもいまいちイメージがしにくいと思います。そこでこちらのページでは、弁護士に相談して各種認定のお手伝いをしてもらうメリットなどの情報をご紹介します。